計画・データ等
Home > 計画・データ等 > 第2次佐賀県がん対策推進計画

第2次佐賀県がん対策推進計画

 「佐賀県がん対策推進計画」は、平成19年4月1日に施行された「がん対策基本法」及び平成19年度に策定された国の「がん対策推進基本計画」に基づき、県内のがん医療の提供状況などを考慮した、がん対策を総合的に推進するための基本的な方向性を定めるものとして策定したものです。
 平成29年度までに「がんの年齢調整死亡率(75歳未満)を20%減少させること」及び「すべてのがん患者及びその家族の苦痛の軽減並びに療養生活の質の維持向上を図ること」を全体目標に掲げ、地方公共団体、がん患者を含めた県民、医療従事者、医療保険者、企業などの関係団体が一体となってがん対策に取り組み、県民が、様々な病態に応じて、安心・納得の得られる医療を受けられるようにするなど「がんを知り、がんと向き合い、がんに負けることのない社会」の実現を目指します。
 なお、平成25年度から平成29年度までの5年間、がん対策を総合的かつ計画的に推進するため「第2次佐賀県がん対策推進計画」を策定しました。

第2次佐賀県がん対策推進計画

【参考】計画策定時のパブリックコメント

 平成25年2月13日から平成25年3月5日までの間、パブリックコメントを実施し、第2次佐賀県がん対策推進計画(案)に対する意見を募集しました。

【参考】(第1次)佐賀県がん対策推進計画

【参考】厚生労働省「がん対策推進基本計画」

   http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/gan_keikaku.html