先進医療保険・治療費補助
Home > サガハイマット・がん拠点病院 > 先進医療保険・治療費補助 > がん撲滅に向けた東京海上日動火災、東京海上日動あんしん生命との協力協定(2009年7月1日更新)

がん撲滅に向けた東京海上日動火災、東京海上日動あんしん生命との協力協定(2009年7月1日更新)

 平成21年6月24日、佐賀県と東京海上日動火災保険株式会社及び東京海上日動あんしん生命保険株式会社は、がん撲滅に向けた協力協定を締結しました。 

連携・協力事項

  1. がん検診の重要性の啓発など、がんの早期発見・早期治療の理解促進に向けた取組に関する事項
  2. 佐賀県鳥栖市に開設を目指す重粒子線(炭素線)がん治療施設の広報・普及に関する事項
  3. その他、三者が必要と認める事項

 東京海上日動火災の後藤支店長は、「協定締結後に何をするかが大事なこと。がん撲滅に向けて、チラシの配布やセミナーの開催など、お客様への周知を行っていきたい。」と今後の活動について述べられました。

 また、東京海上日動あんしん生命の中村九州営業支援室長は、「がんについて『知ろう』『お伝えしよう』『お役に立とう』という理念のもと、一人でも多くのお客様が、こういった最新の治療をお受けいただくことができるように、普及啓発活動を進めていきたい。」と語られました。

 県健康福祉本部の佐藤本部長は、2社との協定締結について「がん撲滅に真剣に取り組んでおられる企業と協定を結ぶことができたことを大変嬉しく思う。」と述べられました。

 今回の協定締結は、佐賀県では3例目となります。このような協定締結を契機として、がん撲滅に向けた取組の輪が広がっていくことを期待します。


((写真左から)後藤佐賀支店長、佐藤健康福祉本部長、中村九州営業支援室長)