プロジェクト紹介
Home > サガハイマット・がん拠点病院 > プロジェクト紹介 > 放医研との協力協定締結(2009年11月19日更新)

放医研との協力協定締結(2009年11月19日更新)

佐賀県と放射線医学総合研究所が協力協定を締結

 佐賀県と独立行政法人放射線医学総合研究所(放医研、千葉県千葉市)は、佐賀県が中心となって進める民間プロジェクトである重粒子線がん治療施設開設に向けた連携・協力に関する協定を、平成21年1月21日(水曜日)に締結しました。
 この協定締結により、世界随一の重粒子線による治療実績を持つ放医研からの施設の設計、運営に係る各種の情報提供、技術面・人材育成面での一層の支援が期待されます。

 放医研は、世界で初めて重粒子線がん治療装置を開発し、平成6年から治療を開始されており、これまで4,000人以上の治療実績があります。地方公共団体が放医研とこのような協定を結ぶことは初めてとなります。

【写真】調印式の様子
(写真: 調印式を終え、古川知事と握手を交わす米倉義晴放医研理事長(右))