プロジェクト紹介
Home > サガハイマット・がん拠点病院 > プロジェクト紹介 > 一般財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団(仮称)設立準備委員会(2014年1月9日更新)

一般財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団(仮称)設立準備委員会(2014年1月9日更新)

第2回設立準備委員会


 九州国際重粒子線がん治療センターの運営を行う一般財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団(仮称)。その設立に向けて協議検討を行う設立準備委員会の第2回委員会を、平成22年1月27日、佐賀市内のホテルで開催しました。

 委員会では、財団の定款や役員等の選任状況などについて議論がなされました。

 財団の役員等については、近く開催される「第4回九州国際重粒子線がん治療センター事業推進委員会」に報告された上で、役員等の名簿が発表されることとなります。

第1回設立準備委員会


 平成21年10月26日に開催された第3回九州国際重粒子線がん治療センター事業推進委員会において、同センターの運営を行う事業主体として、一般財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団(仮称)を設立することが承認されました。

 同財団の設立に当たり必要な事項を協議検討する「一般財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団(仮称)設立準備委員会」を設置することとし、第1回委員会を11月25日、佐賀市内のホテルで開催しました。

  委員会では、財団の定款や役員の構成などに協議検討が行われたほか、財団が設立されるまでの間、センター開設のための寄付を受け付ける口座を当準備委員会で開設することを決定しました。

 なお、一般財団法人が設立した後には、同法人の口座を新たに開設し、募金を移行・継続することとなります。