プロジェクト紹介
Home > サガハイマット・がん拠点病院 > プロジェクト紹介 > 株式会社佐賀銀行からプロジェクトへの出資が発表されました(2010年12月8日更新)

株式会社佐賀銀行からプロジェクトへの出資が発表されました(2010年12月8日更新)

 「九州国際重粒子線がん治療センター」プロジェクトを支援するため、平成22年11月29日(月曜日)、株式会社佐賀銀行様から、同センターの建物の整備・管理を行う九州重粒子線施設管理株式会社(鳥栖市)に対し、下記のとおり出資が行われたことが発表されました。

1. 出資先  九州重粒子線施設管理株式会社

2. 出資額  200百万円

3. 出資日  平成22年11月25日

 日本人の死亡原因の第1位で、2人に1人はがんにかかる時代を迎える中、がん対策の切り札のひとつとしてこのプロジェクトを推進している県として、佐賀県を代表する企業である佐賀銀行様から資金支援をいただけたことは、事業運営の安定化につながるなど、プロジェクトを推進するうえで大きな意味を持つものと考えています。