プロジェクト紹介
Home > サガハイマット・がん拠点病院 > プロジェクト紹介 > 一般財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団を設立しました(2011年4月8日更新)

一般財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団を設立しました(2011年4月8日更新)

 佐賀県は、経済界、医療界、学界、行政と連携して、最先端の放射線治療である重粒子線がん治療を行う九州国際重粒子線がん治療センター(サガハイマット)を、九州新幹線新鳥栖駅前に開設するプロジェクトを進めています。
 このたび、医療運営を担う一般財団法人が下記のとおり設立しましたのでお知らせします。

1 名称

一般財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団

2 主たる事務所

佐賀県鳥栖市本通町1丁目802番地3

3 目的

この法人は、重粒子線によるがん治療を通じて、安心、安全な医療を提供し、佐賀県内はもとより、国内外における医療・福祉の向上とがん治療の進歩・発展を図り、「がん撲滅」に寄与することを目的とする。

4 事業

(1)重粒子線がん治療
(2)重粒子線がん治療のための人材育成
(3)重粒子線がん治療に関する研究
(4)重粒子線がん治療に関する普及啓発
(5)その他この法人の目的を達成するために必要な事業及び前各号に関連する事業

5 設立者

佐賀県
佐賀県医師会

6 基本財産

設立時 13,000千円
(出捐額 佐賀県 10,000千円、佐賀県医師会 3,000千円)

7 理事長等

理事長:十時 忠秀(佐賀県医療統括監)
専務理事:北村 信(前佐賀県健康福祉本部副本部長) 

8 成立日

平成22年2月5日