プロジェクト紹介
Home > サガハイマット・がん拠点病院 > プロジェクト紹介 > 佐賀国際重粒子線がん治療財団に対する寄附贈呈式(2010年8月25日更新)

佐賀国際重粒子線がん治療財団に対する寄附贈呈式(2010年8月25日更新)

 平成22年7月13日(火曜日)、松尾尚貴様から佐賀国際重粒子線がん治療財団に対するご寄附があり、同日、県庁内で贈呈式が行われました。

 親族を肺がんで亡くされたことがきっかけとなり、今回のご寄附を思い立たれたそうで、贈呈式では、松尾様から財団に目録の贈呈が行われました。

 財団の十時忠秀理事長は、「重粒子線がん治療センターができたら、患者さんは治療に伴う痛みもなく、形も変わることなく、神経が切れることもない。今回のご寄附は、平成25年春の開設に向けて大切に使わせていただきたい」と謝辞を述べられました。

 今回いただいたご寄附は、このプロジェクトの発案者、推進役、そして財団の設立者の1人として、県としても大変ありがたい話であるとともに、サガハイマットプロジェクトや募金活動が行われていることを多くの方々に知ってもうらうためにも、非常に意味のあることと考えています。