お知らせ
Home > お知らせ > お知らせ > 2月15日は国際小児がんデーです

2月15日は国際小児がんデーです

 「がん」と聞くと、胃がん、肺がんなどが思い浮かびますが、小児がんとは、子どもがかかる様々ながんの総称で、白血病やリンパ腫を除き、大人ではまれな病気ばかりです。長期の療養による学校や家庭への影響、治療後の生活や周囲の理解など、多くの壁があります。

 この度、2月15日の「国際小児がんデー」にあわせ、小児がんへの理解と支援を呼びかける世界共通のシンボルマーク「ゴールドリボン」に関連付けた取り組みを行います。

 佐賀県立図書館では、2月26日(火曜日)まで、小児がんに関する絵本や体験記を紹介するほか、子どもたちが描いた絵のパネルや、小児がんへの理解と支援を呼びかける「ゴールドリボン」を結びつけるツリーを設置しています。自由にお持ち帰りいただけるしおりもありますので、気に入ったしおりと一緒に、ぜひ一冊読んでみませんか。

 また、佐賀県庁旧館玄関につきましては、2月17日(日曜日)まで、ゴールドリボンにあわせたライトアップを行います。

 「知ること」が小児がん支援の第一歩となります。お越しいただいたみなさまに、「ゴールドリボン」の思いやりの輪が広がることを願っております。

佐賀県立図書館展示.jpg  佐賀県庁旧館ライトアップ.jpg

プレスリリース「『小児がん』に関連する啓発を行います」.pdf

お知らせ   2019/02/12   佐賀県健康増進課