助成について
Home > 助成について > 小児・AYA世代がん患者総合支援事業のご案内

小児・AYA世代がん患者総合支援事業のご案内

小児・AYA世代のがん患者さんを支援しています。

佐賀県では、環境の変化が大きい時期にがんに罹患した小児・AYA世代(※)のがん患者のみなさんが、安心して治療を受け、生活できる環境を整えるため、妊孕性(にんようせい)温存治療費や在宅ケア費の助成を行っています。

※AYA世代とは「Adolescent & Young Adult」の略です。15~39歳の思春期・若年成人の世代を指します。

佐賀県小児・AYA世代がん患者妊孕性(にんようせい)温存治療支援事業

将来子どもを産み育てることを望む小児・AYA世代のがん患者さんが、将来的に子どもを産み育てることができるという希望を持ってがん治療に取り組めるよう、がん治療に際して行う妊孕性(にんようせい)温存治療を支援する制度です。
案内リーフレット(妊孕性温存治療支援事業)

佐賀県小児・AYA世代がん患者在宅ケア支援事業

医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断された小児・AYA世代のがん患者さんが、住み慣れた自宅で最後まで自分らしく安心して日常生活を送れるよう、在宅における生活を支援する制度です。
案内リーフレット(在宅ケア支援事業)